医師

医師紹介

院長 坂中 勝

つねに最新の医学的知見を取り入れ、患者様の立場に立って、病状を考え診療をおこなっています。患者様に触れて検査し診断し治療しています。痛み、悩み、苦しみを治すのが医師の使命です。診察室から、又、玄関から出てゆかれる時に、「今日は来て良かった」と思っていただける満足感を後ろ姿に見出せる診療を今後とも続けてまいります。地域の総合病院6施設と地域医療連携を結んでおり、精査が必要な場合や高度医療が必要な時には、積極的に紹介して、より良い医療を受けていただけるよう努力しています。

​院長

略歴

1972年 大阪医科大学卒業

京都府立医科大学付属病院

神戸中央病院

松下記念病院 次長

東和会病院 副院長

​2000年 坂中内科クリニック開院

日本内科学会認定内科専門医

​日本循環器学会認定 循環器専門医

院長.png
Doctors File
Doctors File
Doctors File
Doctors File
Doctors File
Doctors File
Doctors File
Doctors File

副院長 坂中 太輔

副院長 坂中 太輔

副院長略歴

2007年 兵庫医科大学医学部 卒業

2014年 大阪医科大学大学院医科研究所博士課程卒業

2018年 大阪医科大学 助教准

日本内科学会認定内科専門医

日本消化器病学会認定消化器病専門医

​一般社団法人 日本消化器内視鏡学会専門医

副院長の紹介

はじめまして、2021年4月から勤務させて頂くこととなった坂中太輔と申します。私は2007年3月に兵庫医科大学を卒業後、大阪医科大学付属病院にて2年間の臨床初期研修を行い、同大学の消化器内科に入局後、多くの大学関連病院で10数年間に渡り消化器領域にとどまらず内科全般の疾患に対する診療経験を多く積んでまいりました。このたびこの臨床経験をもとに、皆様の日常の健康管理から生活習慣病の予防、また専門である内視鏡を中心とした消化器領域まで幅広く地域の方々の健康と医療に貢献したいという思いを強く持ち勤務を始めさせて頂いております。
 
皆様の中にはご自身のお体の症状や問題点につきうまく表現できずに困っておられる方も多くいらっしゃると思います。私も自身のこととなれば同じように表現できず悩んだり、あえて相談することを諦めることもあり、皆様のお気持ちは十分にお察しできます。だからこそ皆様おひとりおひとりの思いや訴えに丁寧に耳を傾け、お身体の問題や悩みを気軽に打ち明けることのできるようなかかりつけ医になれるように、またクリニックとしましてもいつでも安心して来て頂ける場所となれるよう父である院長、信頼を置くスタッフの方々全員で日々努力していこうと思っております。